【海外好きのためのフィリピンの記録 Day2】ホストファミリーとのご対面

フィリピンの記録

おはようございます。棒磁石です。

本日は、フィリピンの記録の2日目について記録を残したいと思います。

フィリピンのことを少しでも知ってもらえたらなと思うので、海外に興味のある方は、ぜひお読みください!

 

↓↓ 1日目の記録を読んだ後ですと、より楽しめると思います ↓↓

【海外好きのためのフィリピンの記録 Day1】フィリピン初上陸!
おはようございます。棒磁石です。 本日から、フィリピンの記事を少しずつ掲載していきたいと思います。 情報量も増やしていく予定なので、ぜひご覧ください! フィリピンの記録 Day 1 (2016/08/20) この記録について...

ぜひご覧ください!

 

スポンサーリンク

フィリピンの記録 Day 2 (2016/08/21)

2日目は?

 

滞在地Bogoに到着し、文化の違いを体感するまでの記録です!

 

ホテルの朝

自分の英語能力の低さに落胆した昨日でしたが、無事に朝6時に目を覚ますことができました。

さすが南国フィリピンというだけあって、寝苦しい夜でした…

これで約1ヶ月も過ごすことができるのかと心配になりました。

 

さて、ホテルにて朝食を取ったわけですが、こちらがフィリピン初の朝食です。

朝から少し重いなあとも思ったわけですが、普通の洋食が出てきて安心しました。

 

朝食後には、現地アドバイザーの方の勧めで、ホテルの屋上からの景色を見せていただきました。

そういえば、昨日の夜に着いたのは真っ暗になってからだったので、ほとんど外の景色を楽しむことができていなかったんですね。

ホテルからの景色は、絶景でした。

この写真には写っていないのですが、なんと屋上にプールがあったので、結構いいホテルに泊まっていたのだなあと感じております。

記念撮影をした後、早速1か月お世話になるセブ島の北の町、Bogoへと出発します。

 

Bogoってどこ?

さて、移動の前に、私が地図上で見るとどこにいたのかを確認しておきましょう。

これがフィリピンの全景になります。

マニラのあるルソン島が左上に存在していて、下にあるのが、近年ISの活動で治安状態のよくないルソン島です。

↓↓こんな感じのニュースもありましたね↓↓

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101701063&g=isk

セブ島は赤丸で囲った範囲にある、南北に細長い島です。

 

セブ島周辺をさらに拡大してみます。

このミジンコのような細長い島のうち、皆さんがリゾート地として想像するのは、青丸で囲った「Cebu City」と呼ばれるエリアです。

それ以外のエリアは所謂「開発途上国」の姿をしています。

セブ島といえば、多くの方はこのような光景を想像されるかと思いますが、

こういった観光地が広がっているのはほんの少しのエリアだけだということを忘れないでください。

 

フィリピンに関する TIPs

 

「セブ島」で想像するようなリゾート地はほんの一部で、他は発展途上の地です!

 

 

これから向かうのは、Cebu Cityから車で北に約4時間ほど走ったところにある町、Bogoになります(先ほどの図の赤丸です)。

Bogoは人口およそ8万人、Cebu Cityから約100km離れた小さな町です。

 

Bogoへ移動(道中の写真)

せっかくなので、Bogoにたどり着くまでの道中の写真を紹介します。

寺院?の前に人が集まっています。

この写真からなんとなくわかると思いますが、道路の舗装状況もあまり良くありません。(一応、Cebu Cityと島の北をつなぐ Central Nautical Highway という幹線道路なんですが)

 

Cebu City 周辺では、自家用車よりもバイクで移動する人の方が多いです。

え…ヘルメット???

なんですかそれ????

 

Bogo に近くなってくると、家の様子もあまり丈夫そうとは言えなくなってきます。

木で枠だけ組んで作ったようなものもあり、賃金水準、生活水準の違いを思い知らされます。

日本では決して見られない景色を堪能していると、あっという間に到着です。

 

ホストファミリーとの対面

北の町、Bogoに着いて真っ先に向かったのは、1か月間お世話になるホストファミリーの家です。

こちらが家の中。日本にもありそうな家ですが、さすがに台風の多い地域、コンクリートで組まれた丈夫そうな家です。

その割に、窓に一切ガラスが入っていないのが心配です。

実質半屋外です()

 

こちらが1か月私に貸してくれる部屋です。

ベッド、タンスの最低限の家具と、奥にトイレ兼風呂があります。

 

このトイレに後々苦労することになるとは…

 

ホストファミリーの家族構成は、お母さん、子供が2人(高校生)、というシングルマザーの家庭。

正直なところあまり英語が上手な方ではありませんが、人が良いのが本当によくわかる方で、縁があって嬉しいです。

 

弟くんがくれました。日本でいう「おにまんじゅう」のような味で、原材料にはココナッツが使用されているとのことです。

南国らしい。

 

こちらはホストマザーが作ってくれた晩ごはんです。

今晩のメニューは、

 

●お米(日本のジャポニカ米とは少し違う)

 

●玉ねぎとお肉の炒め物

 

●バナナ(やっぱり)

 

という、日本人の口にも合うお料理を出してくれました。

これなら1か月、食事で苦しい思いをすることはない…

 

と、この時は思っていました。

 

トイレという問題

さて、1日はこんな感じで幕を閉じたのですが、書いておきたいことがあります。

 

人間の基本的な生理現象として、睡眠、食事などの他に「排泄」がありますよね。

長期間過ごす上で、避けては通れないこの問題。

ホストファミリーの家のトイレがこちらです。

??

 

ずいぶん簡素なトイレですね。

 

問題点を挙げます。

 

1. 便座が無い

 

⇒いわゆる「空気椅子」で排泄するか、便器に紙を敷いて直接座ります

 

2. 紙が無い&流せない

 

⇒排泄した後の局部は、「水」で洗って綺麗にします

 

3. 水洗ではない

 

⇒画像にあるバケツを使って、勢いよく水を流して無理やり流します

 

こんな感じです。文章で書くのは気が引けるので、あとはご想像にお任せします。

あまりに衛生環境、排泄の環境が日本と違いすぎて、本当に苦労しました…

 

フィリピンに関する TIPs

 

日本と外国は、食や気候だけでなく、衛生環境も違います。

 

それを十分考えた上での長期滞在にしましょう!(訪問前にチェック!)

 

 

最後に

2日目の記録もお読みいただきありがとうございました!

今後も続けていくので、ぜひ応援よろしくお願いします。

 

↓↓3日目へ↓↓

【海外好きのためのフィリピンの記録 Day3】虫刺されにどう対処するのか
おはようございます。 気温が一気に下がってきて、そろそろ風邪を引きそうな棒磁石です。 本日は、フィリピンの記録3日目を書いていきたいと思います。 主にBogoの街を案内された記録になりますが、お読みいただけると嬉しいです。...

コメント